株式会社トムズ&コレクティブ  藤島彩子

442A7629

経営の波について教えてください
現在の会社は何年目ですか?

 

もともとは主人が社長をしていたので、その期間も含めると18年目です。

私自身が社長になって2年目になりました。

それ以前は専務として経営に携わっていました。

専務時代から業務はほとんど変わっていないですが。

もともと現場関係は私が担当していました。

 

現場として大変なことはありますか?

 

色々ありますが、資金調達や為替の影響などによるコストアップをいかに抑えるか等ですね。

オーダーをいただいて、それが商品になってから入金なのですが、中国と直接取引をしているので前倒しで支払いをしないといけないケースもある為、しっかり利益を確保した上で、潤滑な資金繰りが重要になってきます。

資金繰りに関しては会長である主人が担当しているので、そこを考えながら営業をしていくのが現場という事になります。

442A7709

 

今後のアパレル業界をよくしていく術は?

 

昨今のファストファッションの流行とは対局の作り方や売り方になっていますので

品質重視、素材重視で高単価な商品を提供しているアパレル会社が大変になっていっています。

 

現在わたしも参入させていただいているのですが

テレビショッピングはとてもいいなと思います。

店舗運営の会社さんより伸び率が良いです。

テレビでアパレルを紹介することで「良い」と思っていただければとても息が長いですよね。

 

品質や素材にこだわっていく以上、価格を下げるのは難しくなっていきます。

もちろん経営者として1円でも安く!とか、小ロットでつくれるところを!という努力はしていますが。

 

現在アパレル業界自体が冬の時代ですよね。

だからこそいまある顧客の方を大切にして、ひとつひとつを大切にしていく必要があると思います。

 

今後の経営者としての考え

 

今、成功していて、世界中の人々の憧れの的になっている女性って

ものすごく努力をしているんだなって思います。

 

先日あるドキュメンタリーを観たのですが

ある海外アーティストの女性が、名誉ある地位や財産も手にしながら

まだ努力をして、もっと先を目指している姿を見て

 

わたしはまだまだ死にもの狂いでやれてないな。頑張りが足りないなって強く思いました。

この何年かは現場を社員に任せてモチベーション を上げさせながら、人材を育成していく事に尽力してきましたが今後は逆にもっと私自身が営業に力を入れて、直接お客様にお会いして、営業をし、みんなを身を持って引っ張っていくという現場至上主義に戻る時期なのかなと思っています。

 

 

現在のテレビショッピングのお仕事をいただいてからも

いろいろをリサーチしたり傾向と対策をチェックしたりというのは当たり前なのですが

それ以外にも、放送の中で絶対に伝えたい事も何度も書いて覚えたり・・・

そういう受験勉強みたいなことを一日のお仕事が終わってから毎日自宅で続けました。

 

努力・・というのも違うかもしれないのですが、きちんと頑張ったことに対して、しっかり結果はついて来るのかなとも思います。

 

実際「おいしくて儲かりそう!」っていうことに乗っかって

成功していくのが難しい時代です。

地道な努力がやはり大切ですよね。

 

もちろん素敵なコラボ企画とかはこれからも受けていきたいと思っています。

そこは「私にしかできない」と思って自信をもって、今も、これからも続けていきます。

 

そういう仕掛けは自分の活躍の場を広げる事を含めて、これからも必ずやっていきたいと思っていますが、もう一度「原点」にかえってコツコツと売り上げを作るために努力するということを、これからもやり続けていきたいと考えています。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る