堀義人氏が社会起業家支援ファンドを設立

images

社会起業家への嬉しいニュースだ。 堀義人氏(グロービス・グループ代表)が代表理事を務める一般財団法人のKIBOWが、社会課題に取り組む企業に投資する5億円のファンドを設立。 地方創生や医療・介護分野を中心とした社会起業家らへ1件あたり1千万~5千万円を出資すると発表した。

 

投資先の選定では事業の社会に与えるインパクトなどを重視し、投資先には、経営人材の紹介や助言など資金面以外でも支援を検討しているようだ。

 

「社会にインパクトを…」というところが、何とも堀氏らしい。

これをきっかけに小規模社会事業者が活性化していけば、高齢化が進む日本にも明るい未来が見えてることを切に願いたい。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る