株式会社MARS 杉浦みゆき

442A8617-Edit

「社長」ということ。

社長であるために大切なことってあると思いますが、どうお考えですか?
ご自身のご経験や考えをお聞かせください。

正直、社長って誰にでもなれるじゃないですか?
お金がなくたって、男性だろうが女性だろうが。
だけどそれを「続けられるか」が重要になると思うんです。

私は親に「7年自分で経営を続けることができたら本物の社長だ」と言われていました。
7年続けられたら10年、20年と続けていけるから。と。
その7年の間にいろいろな事があって、ダメになってしまう人もたくさんいるんですよね。

442A8669-Edit

「似非社長」についてどう思われますか?

PLADYではSNSなどでご自身の自慢話や交友関係などをこれでもかと公開していて「いったいどんな仕事をしているんだろう?」という社長の方々をこう呼んでいるのですが、杉浦社長からみてこんな方々をどう思われますか?

似非社長って「ひとり」なんだと思うんです。
経営とかビジネスを全部ひとりでやっている。
だから自由な時間がたっぷりあるし、パーティーとかいけるんだろうなって。
組織の社長になったら従業員がいるわけで、周囲が支えてくれるからこそ組織として成り立つと思うから。
一人だったら好きなことできて、自分のことだけ考えられるけど。

経営者であるうえで、
経営者として、組織のトップに立つ立場だからこそ
一番最初に考えるのはスタッフのお給料だったり、スタッフの家族のことだったりなんですよね。もちろん商品のことも考えるけど。
要は女性社長って、スタッフの「お母さん」みたいな気持ちでいるんだろうな。
組織は家族で、女性社長はお母さんなんだなって(笑)

442A8626-Edit

「女性経営者」であるということ

女性の経営者ということで周囲の感じ方に偏りがあったり、皮肉の言葉を受けることもあるかと思いますが
杉浦社長の思う「女性経営者」というものをお聞かせください。

「女社長」ってすごく聞こえが良くて、本当に華やかで、いつもブランドもので着飾っていて…って思われがちだけど
本当は全然違う。
憧れますよね。ブランド品を身にまとって、派手に着飾ってパーティーに行って。
海外に行って、おいしいもの食べて…って。

でもやっぱり、事業が成功していっぱい儲かったら
スタッフに美味しいもの食べさせたいとか、楽しいところに連れてってあげたい。て思うかな。
似非社長って、自分に洋服とかバッグとか時計とか…自分自身にお金をかけているイメージだけど
わたしたちは違う。

投資するところはそこじゃないって思います。
消耗品にお金かけるくらいだったら別のところにかける。
自分の娯楽や快楽にかけるくらいだったら、スタッフに投資した方がずっといいですよね。

私はOL時代が長かったので、その頃はブランド品に憧れてバッグとか見た目重視で集めたりしていたけど
今バッグを買うときに最重要なのは「A4の書類が入るか」ってところ(笑)
いかに機能的で、丈夫で、かつ見栄えがいいか(笑)
だからOLのときに買ったバッグは大切にして、ここぞって時に活躍している。
ものを選ぶときの基準が、見た目じゃなくて機能性になりましたね。


SNSだって、見たこともあったこともない人の日常なんて興味ないじゃないですか。
必要な人とのコミュニケーションツールとしては本当に便利なものだと思うけど。
人と人とのつながりって、やっぱり直接的なことだと思うから
自分自身の発言に自信をもって、関われる人とだけ繋がっていければいいなと思いますね。
不用意な発言できないです。自分が社長だから、自分の評価が直接会社の評価になるわけですから。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る