男性が彼女に求める条件。あなたは○○のある人ですか?

maxresdefault

”どういう彼女が理想ですか?”
男性に質問すると、見た目のタイプや性格のタイプは十人十色。
しかしどんな男性も共通して求める条件がありました。
あなたはその「最低条件」をクリアしていますか?恋愛依存タイプのあなた、要注意です!

好きなタイプは「かわいい」「やさしい」「家庭的」・・・

男性に好みのタイプを聞いてみると回答は様々。
かわいい系?キレイ系?
癒し系、美人系、しっかりもの・・・などなど

しかしどんな男性にも共通して「ああ、それは確かに!」となる条件が存在したのです。
それは・・・・

芯のあるひと

そう。
これはもはや男性の思う「理想」の中での最低条件。
なのに意外と芯のある女性は少ないのが現状なんだとか。

あなたは「芯のある」女性ですか?
具体的に芯のあるひとってどんなひと?を解明します!

「芯のあるひと」とは

1、失敗を恐れない

何か悪いことが起こったとき、あなたはそれをどう受け止めるだろうか。メンタルが強い人は、失敗から次に生かすための何かを学ぶ機会だったと考え、前向きに物事を捉えようとするのだ。

芯のあるひとは、基本的に考え方がポジティブです。
なんでも「完璧」にやろう。というよりも失敗を恐れずいろんなことに挑戦します。

2、自分のために生きている

自分で自身の存在意義を確認できない人々は、他者の存在によって自分の存在を確認するようになっていくのです。

彼と将来の話になったとき「○○くんと一緒にいられればいい。」なんて答えていませんか?
かわいらしい女性を求める男性に効果的な気がしますが、実はNG!!
「彼と一緒にいる自分」だけがあなたではないはず。
恋愛だけが人生ってわけではないでしょ?
と男性の意見は意外にも現実的なんです。

自分のために人生を楽しめていてこそ「魅力的」なんですね。

3、将来の夢がある

「大きくなったら○○になりたい!」なーんていうわけでなく。将来に現実的な目標を持つ人を求めているようです。

・幸せな家庭を築いて、主婦になる
・憧れの仕事に就いて、働き続ける

どちらも方向性は違えど、立派な「夢」です。
些細な事でもOK。夢を持つことで「心も豊か」になる。そんな女性は魅力的ですよね。

4、周りに流されない

いつも、過半数の意見に合わせてばかり。自分の意見は強くは主張できない…
これでは、芯のある女性とはいえません。流されたくないときは、きちんと主張をするのも大切です。

かといって自分の意見ばかり主張して、周りの意見を聞かないのも芯が強いとは言えません。

これが出来ないのが”頑固な人”です。自分の考えが正しいと決めつけてしまっていて、他人の意見なんて心はおろか頭にも響きません

自分の考えに信念を持ちつつ、柔軟性を持って周りの意見も取り入れられるひとが素敵ですね。

5、全てのひとに平等に接する

芯が強い女性は、自分の立場をわきまえながらも、発言・態度は変えません。
損得で判断していないことが関係しているでしょう。

丁寧に接したり、雑に接したり…相手によって態度を変えるひともいると思います。
それって、相手と話すことに「自分の損得」をつなげているから。
損すること、得することを考えずに、全てのひとと平等に接することも、芯のあるひとの特徴のひとつです。

6、ひとりを恐れない

芯のないひとは、一人になることが怖かったり、なるべく周りの人と一緒に行動するようにします。
一人のとき、彼がいないときは、楽しむことができないのでしょうか…?
これでは、芯のある女性になるにはまだまだです。

1人でいる時間を意識して持つこと。そしてそれを楽しめるようになること。
パートナーがいない時間を持つことは、最初はとても不安です。
一人でいる時間を全然楽しめない、落ち着かない、と思うでしょう。
でもそこで諦めるのではなく、それでもその1人の時間を楽しいと思うように努力をするのです。

「ひとりの時間」を楽しむこと。食事も、買い物も、リラックスタイムも・・・
一人でも、パートナーがいなくても「いつも生活が充実している。」そこにパートナーがいればもっと幸せ。
芯のあるひとは時間の活用もとっても上手。ひとりの時間を大切に、そこから生まれるものも求めているのです。

lgf01a201304210800

まず目指すべきは、芯のある女性

芯のある女性になるのは、難しいことではありません。
しかし、きちんと心がけていなければ、いつのまにか恋愛に依存してしまっているかも。。。

意識を高く、自分自身を理解することで
自然と「芯のあるひと」へと近づけるはず。

男性たちは、そんな女性を求めているのです。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

nakajima

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る