【感動ギフト:007】ディズニーだけじゃない!?

090603

「感動」は「Love&Surprise」

ちょうど30年近く前の今日、とある出来事を思い出したので、皆さんに・・・

あれは、私が大学生だった頃、その日、私は誕生日でした。当時、付き合っていた彼女と渋谷で食事をし、自分が住んでいた向ケ丘遊園のマンションに車で戻る途中、府中街道沿いにあった、「不二家」のMr.ハムレット(パフェ)がどうしても食べたくなって立ち寄りました。

$感動ギフトのブログ

「Mr.ハムレット」

しばらくすると、隣の席にカップルが・・・(当時風にいいますと、アベックが・・・)
そして、二人はハンバーグセットと、ドリアをそれぞれ頼みました。

そして、さらにお子様セットを・・・

大人二人のカップルが・・・ハンバーグと、ドリアと、お子様ランチ!?

店員さんは、普通に注文を聞いていました。

料理が運ばれてきました。ハンバーグは男性の所に、ドリアは女性の元に、
そして、お子様ランチは女性の横に。

そして、女性が一言。

「去年は、三人で誕生日祝ったのにね」

「R君、お誕生日おめでとう」と・・・

そして、その目には涙が!?

そうです、どんな事情かわかりませんが、多分、お子さんを亡くされたお二人だったのです。

二人は食事を終えました。しかし、お子様ランチは残ったままでした。

二人は三人でいた頃の思い出を話し始めました。

実はここの不二家には私の大学の後輩がバイトをしていたので、彼女にこのことをこっそり伝えました。

しばらくして、彼女は、イチゴのパフェに花火をつけて二人のテーブルの元に。

320x320_rect_3853057

「お誕生日、おめでとう!いっぱい食べていってね!!」と、

誰も座っていない女性の横の席にむかって声をかけ、パフェを置きました。
そのカップルも、私達も、涙一杯の誕生日となりました。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

感動クリエイターK

感動クリエイターK

人類史上初!「感動」を因数分解した男!日々、「感動」ばかりを考えている、石垣島のマンタをこよなく愛する、六本木在住の家庭菜園家!

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る