知ってた?「ぺたんこ髪」は5歳老けて見えるらしい

1024-cc-library010002370

見た目年齢は「髪」で左右される

年齢を印象付ける「見た目」。顔のつくりやシワ、肌の張りなどで判断されがち。
メイクで隠したり、一生懸命ケアしたり・・・

でもそれ、意外と髪も重要だって知っていましたか?

見た目年齢は何で決まると思いますか?その答えは「髪の毛」。髪のボリュームがあるのとないのとでは女性は5歳の差が出るとも言われています。

なんと!髪のボリュームだけで5歳の差がでてしまうんだそうです。

髪のダメージは蓄積される

髪はヘアカラーやパーマ、日々の生活で確実にダメージを受けています。
美容院でのトリートメントや自宅でなど様々な方法でケアしていると思います。
が、実は髪へのダメージはずっと蓄積されているというのです。

髪へのダメージは着実に蓄積し、それが加齢とともに表面化してしまいます。

40代50代にかけて、髪の毛が急激に細く、少なくなり、髪のハリ・コシの低下、全体のボリュームの低下を招く場合も。

加齢に比例して蓄積されていく髪へのダメージ。
自分はまだ若いからと油断していてはいつか必ずしっぺ返しが・・・
そうなる前にきちんとヘアケアを行い、健康的な髪を長く維持できるようにしましょう。

様々な原因で起こる「ぺたんこ髪」

髪が細いから・・・もともとボリュームがないから・・・
そう思ってあきらめている人も多いようですが、実は髪の毛が細い・柔らかい髪質は毎日のケアが原因になっていることが多いのです。

切れ毛もボリュームダウンの原因のひとつ。髪が切れやすくなることにより切れ毛も増加し、全体のボリュームがダウンしてしまうのです。

頭皮に充分な栄養が行き渡らないと、髪は痩せてしまったり生えてこなくなってしまいます。

様々な原因から「ぺたんこ髪」になってしまっているようです。

今すぐできる「髪」のアンチエイジング

なら、どうしたらいいの?どうやって防げばいいの?
若々しい髪を保つため、トリートメント意外にもこんなに効果が期待できる方法があるんです。

①筋トレ

ちょっと意外ですが筋トレも髪の若返りに効果がある行動のひとつ。

筋トレをはじめたところ白髪が減ったという人はよくいるのですが、これは筋トレをすることで通常時の数十倍という成長ホルモンが分泌されるからです。

加圧トレーニングはさらに通常の筋トレよりも成長ホルモンがでるといわれています。

傷んだ髪の修復に欠かせない「成長ホルモン」。しっかりと体を動かし活性化させることで髪にも◎

②マッサージ

ヘアケアと共に欠かせないのが頭皮へのマッサージ!

ヘッドマッサージをすると新陳代謝が高まる他、毛穴に詰まった皮脂を取り除きやすくもなるので、健康で美しい髪の毛を保つことに繋がります。

両手の指で頭を抱えるようにして、指の腹で満遍なく頭皮を刺激していきましょう。

毎日のシャンプーに合わせて行うことで髪のダメージも改善し、リラックス効果も得られて一石二鳥!
美容院に行くとメニューに組み込まれていることもありますよね。

③ボリュームアップシャンプー

ドラッグストアなどでも手に入り、お手軽で目に見える効果がうれしい。

ハリ・コシに効果のあるシャンプーを使うようにしましょう。ボリュームアップのシャンプーで洗うことで髪全体がしっかりとしてくるので、乾かした時にふわっとした仕上がりに。

エイジングによって弱った根元に働きかけ、髪をいたわることで、ハリとコシを取り戻し、あふれるようなボリュームへ導きます。

サロン通いなどの特別なケアではなく、毎日のお手入れで手軽に根元からハリとコシのある髪へ導いてくれます。

④UV対策

肌だけでなく髪へのダメージも注目されている紫外線。カットできればとっても嬉しいですよね。

太陽光に含まれる紫外線が肌を老化させるというのはご存じのはず。当然、肌から変化した髪もその影響を受けますし、頭皮も老化が進んでしまいます。UV対策が肝心です。

ダメージだけでなく廊下の原因にもなる紫外線。帽子や日傘などは日焼け対策もかねて取り入れたいアイテムです。

d12dc2b22c8e7d09197cd8540a587246

このほかにもドライヤーやヘアブラシの使い方、髪の乾かし方などボリュームを維持するための方法は様々。
「髪は女の命」ともいわれる重要なアピールポイントでもありますから、しっかりケアしていつまでも若々しさを保ちたいですね。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

nakajima

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る